• バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)
  • バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)

バック Bbトランペット 180ML37SP  (銀メッキ仕上げ)

希望小売価格:¥511,500

434,775(税込)
トランペットと言えばBach(バック)という認識である方も多い老舗メーカーです。
初めて誕生したバックのトランペットは1924年。100年近い歴史の間に培った技術と知識を現代まで引継ぎさらに進化を続けています

Stradivarius(ストラッド)シリーズはまさにバック(Bach)の音を表現する代表シリーズです。
全音域がレスポンス良く疲れが少なく、心地よい豊かで美しい音色が奏でられるシリーズ
です。
1枚取りベルのもたらす適度な抵抗感と心地の良い反応性、遠達性に優れています

こちらの商品は、バックのトランペットで圧倒的に人気の高い「37ベル」を採用密度のある豊かなサウンドが特徴です。
マウスパイプは「25マウスパイプ」。適度な抵抗感で楽器からの振動を演奏者にしっかりと伝えてくれます


華やかな艶のある音色でプロの方から初心者の方まで、世界中の方々から幅広く人気をいただいているモデルです。


 

180ML37 SP 主な仕様

付属セミハードケース

vincent_case01
180MLシリーズに付属してくるケースは
頑丈なハードケースです
肩掛け用のベルトが付属しています

vincent_case02
ダブルケースとして2本収納可能です
1本収納し残り分は小物の収納も可能です
大きなスペースで自由にお使いになれます

主管抜差管
180MLSP_main
適度な抵抗感を生む2本の支柱

3番抜差管ストップナット
bach_nuts
バックの特徴的なストップネジ形状

 

バック(Bach) Bbトランペット 180ML37SP(銀メッキ仕上げ) 仕様書

調子 Bb
ベル材質 イエローブラス
仕上げ 銀メッキ仕上げ
ベル加工 1枚取り
ベル 37ベル
ボアサイズ ML
マウスパイプ 25(イエローブラス)
付属マウスピース 7C
付属品 バルブオイル
保証内容 メーカー保証:1年
ウインズオリジナル保証:2年
 
【管体の見た目(色見の違い)について】 ぱっと見は色合いが違うので違う楽器と思われるかもしれませんが、
金色の楽器も銀色の楽器も主に同じ『真鍮』という材質で製作されています
色見が違って見えるのは表面の「仕上げ」方法の違いによって変わります
仕上げによる違い
ラッカー仕上げ
(金色に見える)
真鍮の表面にラッカー材を塗布しますが、そのラッカー材が黄色に近い色の為、透過して見える真鍮の色と混ざり「金色」に見えます
比較的にクリアな音色で、強く吹いたときでも抜け良く演奏できます
銀メッキ仕上げ
(銀色に見える)
真鍮の表面を銀メッキ仕上げで加工したもの
真鍮の色は見えなくなり銀メッキの「銀」色が見えるため「銀色」となります
柔らかく明るい音色で、色々な演奏方法によってより細かな表現ができます
 
【ベルの材質の違いについて】
金管楽器の材料として利用される『真鍮』は主に亜鉛という合金です
配合する材質割合の違いによって少し音色が変わります
イエローブラス およそ亜鉛30%銅70%くらいで構成されたもの
明るくて、パリッとした音色が特徴
材質の見た目も黄色っぽいので「黄ベル」とよく呼ばれます
ゴールドブラス およそ亜鉛15%銅85%くらいで構成されたもの
豊かで柔らかい音色で包まれた優しい音が特徴
材質の見た目も赤っぽいので「赤ベル」とよく呼ばれます
 
【ベルの1枚取り・2枚取りについて】
1枚取り 真鍮でできた板(1枚)を円錐状に曲げて溶接個所を1列にしたもの
他の金属(溶接につかうハンダ等)が少なくて済むので音色にも統一感が出やすい。
演奏した時の抵抗感も少なくなります。
2枚取り 真鍮でできた板(2枚)をそれぞれ半円錐上に曲げたものを円錐になるように両側で溶接したもの。
1枚取りの製法に比べ加工がしやすい為比較的安価で製造できるが、違う金属の割合も増えてしまうので抵抗感も少し増してしまいます。
 

数量